愉しむをたのしむ part6 最終話

みなさま こんにちは

タローとハナです。

 

冬らしい寒さになって来ました。

 

つい、前かがみになって

ちぢこまりそうに・・・。

 

 

そんな寒空の広がる日、

鳥たちがなんとも楽しそうに

ワルツを踊るように

のびのびと舞っていて・・・。

 

**********

 

今回は 「愉しむをたのしむ part6 最終話」を綴らせていただきます💓

 

part15のコラムでは『OIGEN  ジョー 鉄鍋』の魅力、素晴らしさを

タローさんと一緒に、おこがましくも素人目線でチェックして・・・

率直な感想を綴らせていただきました。

 

900年の歴史をもつ南部鉄器。

伝統芸術品とも言える鉄器ですが、その世界は奥が深くて・・・。

今回、ほんの少し調べただけでも、その職人さんたちの真摯な姿勢、

鋳物と向き合う姿に感動と尊敬の気持ちが湧き上がりました。

 

 

より便利、より多く、より安くという

一般的な風潮とは別世界の鋳物造り。

 

砂を握ってその感触を確かめ、

溶かした鉄の色を入念に確認しながら

人の感覚をフルに使いながら

一つ一つ、丁寧に造り上げられていきます。

 

最近は、さまざまな加工が施された

便利な鍋やフライパンがお手頃価格で手に入ります。

わが家にもあります😅

 

でもそういったお品は数年すると加工が取れて劣化し、

廃棄せざるを得ないものも多くて・・・。

 

 

その点、鉄器は油を馴染ませながら、

長く長く何世代にもわたって使い継がれていくことが可能なお品。

OIGEN様の公式サイトの中で

《使うあなたが育てる》という一文が心に刺さりました。

 

使い捨てがあふれる現代に、

大切なことを教えてくれる、気づかせてくれるお品だなぁと思います。

 

・・・と今は、自戒の気持ちで申しております。

20年近く前に母からプレゼントしてもらったOIGEN鉄器の鉄瓶と鉄鍋。

鉄瓶の方は派手に錆びつかせてしまい、、、引っ越しを重ねる中で手放してしまいました。

今、手元にある鉄鍋も錆び付いていまして(--;💦

 

今回、OIGEN様の鉄器についてささやかながらお勉強する機会をいただき、

このサビついたわが家のOIGEN鉄鍋をお手入れしたい❗️と、

小さな収納棚から

おそるおそる出して来ました・・・💦

 

 

 

OIGEN様の公式サイトでも鉄器のお手入れ方法、錆びついた時の対処法など

丁寧に解説されています。

 

今回は、色々と鉄器のお手入れやサビ取りの方法について

インターネットでリサーチしまして総合的に判断して、

「わが家はこの方法を取り入れたい❗️」と思った方法でサビ取りを行いたいと思います。

 

では早速❗️

 

まず、サビや汚れを炭化させるために火にかけます🔥🔥

 

バーナーなどがあれば、

サビ部分にあてて焼き付けるのもOKのようです。

 

 

 

 

やけどしないよう気をつけながら

水で冷やします🌟

 

 

 

サビが浮き上がって見えます😓💦💦

 

悲しい姿です😭😭

 

気を取りなおして・・・

 

再び火にかけて乾燥させます🔥

 

 

乾燥しましたら、亀の子たわしなどで丁寧にサビを落としていきます。

 

ひたすらゴシゴシと・・・💦

 

 

 

 

かなり力が必要で、骨の折れる作業ですが、

ここは反省の気持ちもこめて

グチらず、タローさんにも頼らず1人で黙々と頑張ることに・・・😓💦

 

この通り綺麗になってきましたよ〜🌟🌟🌟

 

ビフォアアフターを、

わかりやすく上と下で撮ってみました🤳

 

 

サビを落としましたら、

水の中で洗います💦💦

 

 

再び火にかけます🔥🔥

 

 

乾燥しましたら

たっぷりと油を塗ります。

 

 

 

そして、火にかけて焼きます。

 

この作業を2回繰り返します🔥🔥

 

 

そうしましたら・・・

 

お茶の葉をたくさん入れて煮出したお茶のプール

鉄器を入れて煮込みます。

 

茶のタンニンと鉄分が結合したタンニン鉄の皮膜が

サビの進行を抑制するのだそうです✨✨

 

 

 

鉄器の隅々にまで茶葉が浸透するように

丁寧にじっくりと煮込んでいきます。

 

そして、引き上げて茶葉を洗います。

 

再び火にかけて乾燥させて、

油をたっぷりと塗り、

焼きます。

 

 

そうして、やっと完成です〜〜❗️❗️

 

 

あんなにサビサビだった可哀想な鉄鍋が、

この通り❗️

本来のうつくしい姿に・・・感涙。

 

 

 

 

こんなにも綺麗な姿になるなんて💦

感動しています❤️

 

半日がかりの力仕事でしたが、

疲れも一気に吹き飛びました❤️❤️

 

これから鉄器をご家庭に取り入れようかと思案しておられる方で

サビのことやお手入れのことでためらっておられるとしたら、

ご安心していただけたら嬉しいです💖

“20年もののサビも綺麗に取れました❗️

そして鉄器は、素朴で素直なキッチンの相棒だなぁとしみじみ感じています❤️

 

サビ落としの方法もよくわかりましたが、

今後は二度と錆びつかせない❗️うつくしく大切に育てていくことを

鉄鍋さんとお約束しました💐

 

*******

 

 

今年もあと日、

そんなカウントダウンをよく耳にするようになりました。

 

わが家は毎年、年末の大掃除というものは

行っていません。

 

思い立った時に、

年に数回、

リフレッシュも兼ねて

行っています。

 

ここ最近、

年齢ゆえ??

自分の管理する持ち物を

少しでも減らしたいという気持ちが

膨らんでいます。

 

このコラムを始めさせていただいた数年前、

最初のコラムの中で「わが家の理想はトランク一つで、スッと移動できる身軽さ」

と申しましたが、その気持ちは年々強くなっています。

 

今年中に少しでも持ち物の見直し、

整理ができたらいいなぁと

ぼんやりと思うこの頃です。

 

今回も、最後までご覧いただき心よりお礼申し上げます❤️

 

今週もみなさまの暮らしに笑顔があふれますように・・・

 

      タロー*ハナ

 

******************************************************************************************************************************

 

OIGEN  ジョー 鉄鍋』はhow’sのお店に並んでいます。

 

SHOP LIST

  • 伊都店
  • TEL
  • facebook
  • twitter
  • line

伊都店

  • 太宰府店
  • TEL
  • facebook
  • twitter
  • line

太宰府店

  • 久留米店
  • TEL
  • facebook
  • twitter
  • line

久留米店

  • 熊本店
  • TEL
  • facebook
  • twitter
  • line

熊本店

  • ひびきの店
  • TEL
  • facebook
  • twitter
  • line

ひびきの

  • 一宮
  • TEL
  • facebook
  • twitter
  • line

一宮店

PAGE TOP